あれほど暑かった夏も終わり、ようやく本格的な学習ができるようになりました。コロナウイルスも小康状態のこの時期にギアーを入れ替えて本格的な学習に取り組んでいきたいと思います。具体的には漢字の書き順や分数の計算など、基礎学力の欠如が教科を超えて散見されることです。地図を見ても緯度経度がわからない、地図記号がわからない、平野や川などがわからないというのでは、高校入試の要件に満たしていません。

特に高校入試では理科社会などは分野別に同じ割合で入試でも出題されています。学校の授業が週5回やっていたら、50分X5=250時間が学校で行われているのですが、塾では90分X2=180分もしくは90分X3=270分しかできません。短い時間で要領よくやってもなかなか追いつくことができないで、結局、学習不足のまま入試に向かうことになります。これでは戦争に武器を持たずに出かけていくようなものです。入試は甘くありません。基礎学力が向上できれば、かなりの学校の受験が可能になります。苦手な教科を一つ一つ、つぶしていくことが大切ですね。頑張りましょう。