ホームステイをやっていて感じることは日本人に比べると欧米人、特にアメリカ人は食べ物を粗末にする。嫌いなものは箸もつけないで、そのままゴミ箱行き。アジア人はお米を食べる文化なので比較的残さない。しかし、欧米人は容赦なくご飯がそのまま捨てられる。

理由を聞くと、ごはんには味がないという。言われれば味があるとは言えないが、日本人は農家の苦労というのがわかっているから、決して残さない、もしくは最初から食べる分だけ取るというのが礼儀だと思っている。それに対して、アメリカ人はハンバーグと鳥のから揚げなど、いわゆるジャンクフードが好きだ。寿司が好きだというので、回転ずしに行ったら、やはり、空揚げやおよそ寿司とは関係ないものを食べていた。つまり生魚は嫌いだった。それにノリも苦手だということも多い。野菜も得意ではない。中にはレタス以外は食べないことも多い。

これでよく生きているなと思う。日本はもったいないから、できるだけ残さないんだよという説明も彼らには通じない。何しろ大量生産大量消費。とにかく野菜や果物、お米は安いのだ。労働人口統計を見れば納得がいく。少人数で大量生産ができる。

そういえば、アメリカの離婚率は二人に1人だそうだ。

、ここでもアメリカは捨てる文化なのだ。気に入らなければ捨てる。あまりマネをしたくない文化だと思う。