元号が変わりました。といっても昨日と今日が劇的に変わったということはありませんが、受験生にとっては令和最初の受験生ということになります。
進路によって学習する教科は変わってくるのだが、私立の場合は3教科、公立校は5教科は動かないが、学校独自の出題も増えており、志望校をできるだけ早く決めて、それに合わせた勉強をする必要があります。通常、英語数学を学習する生徒が多いのですが、理科社会は案外平均点で低く、普段から丁寧に取り組んでおけば、ある程度、レベルの高い学校に進学が可能になります。 目標の高校が決まったら、まず最初に学校訪問をして、学校の様子を見てくることも重要です。入ってから学校になじめないことも多いからです。それから学校によって傾向があり、それをしっかり練習しておくことも重要です。いずれにしても新元号になって慌てることなく、確実な勉強で合格を勝ち取ってほしいものです。