昔の受験生ならみんな知っている造語だが、今の受験生にはわからないのかもしれない。

4時間の睡眠時間なら大学は合格、5時間なら落ちるという意味だが、今は科学的に睡眠時間を取らないと記憶力が落ちると言われているから、逆なのかもしれない。

けれども、それほど大学受験には真剣に取り組めということなのだろう。ちなみに4時間しか寝ないというのは少なくても15,6時間は机に向かっているわけだが、それほど真剣に受験に取り組んでいたらきっと合格するだろう。10時間では落ちても仕方ないかもしれない。少なくても7,8時間は勉強時間に充ててほしい。大学受験というのはそれほど簡単ではないことだけは確かだ。