子供に遺してやれるもの


『子供に遺してやれるもの』--それは教育です。教育は財産です。一人で生きていくためのです。お金は使えばなくなってしまう。知識は決してなくならない。むしろ増えていく。特に小学校時代の勉強は中学校、高等学校の勉強に影響するものです。「まだ小学生だから。」「小学生のうちは遊ばせて、中学生になってから。」という考えはもう古い。時代は変わって行くのです。どうぞ、お子さんの教育にお金をかけてください。