ペットショップの出来事


しばらく体調が悪く、休んでいましたが、今日から復帰します。

先日、川越に行った。目的は蔵屋敷を見るためだったが、途中にペットショップがあってついついのぞき込んでしまった。そこで犬を抱いていた店員さんが面白いことを話していたので、参考までに紹介したい。

 犬は犬種によって、同じ犬種でも個体によっても相当性格が違うものらしい。それと同時にその親の育て方にも影響を与えていて、生涯それは身についてしまうのだという。確かにそうだろうなと「フン、フン」聞いていたのだが、次に話したことには「えっ?」と驚くものだった。犬を見ると「犬の家庭での状況が見えてくる」というのである。きちんとしつけをされた犬はやはり外に出ても行儀が良いのはわかるが、家の環境によく反映されていて家庭環境が悪いと妙に吠え続けていたり、他の犬に攻撃的になったりするというのである。

最後に話した店員さんの言葉が印象的だった。「実は犬の学習能力から飼っている人の能力も見えてくるんです。」という言葉にはドキッとした。私もすぐにギンのことが頭をよぎったが、ギンも14歳。人間でいえばもうお爺さんだ。今からしつけをしてももうムリだが、昔通っていた生徒の顔をしっかり覚えていて、突然入ってきてもすぐに思い出すのか、いつまでも吠えたりはしない。犬も人間も同じなのかもしれないと妙に感心してしまった。